持っていると有利な資格

リラクゼーションサロンで働くセラピストはそれぞれのお店や施設で研修を受けており、一定の技術を身につけている方がほとんどですが、資格があるというのはお客様から信頼される要素でもありますし、本人の自信にもつながるものです。
また有資格者がいるお店でないと「マッサージ」という言葉が使えないなど、様々な制約があるんだとか。

ではリラクゼーションサロンやマッサージ店、整体店で有利な資格にはどんなものがあるのでしょうか。
国家資格、民間資格ともにご紹介していきます。

ほぐしの森,セラピスト,マッサージ師,求人,募集

国家資格

あん摩マッサージ指圧師

治療を目的とした指圧やマッサージなど、保険が適用される施術行為が行える資格者。
また治療院などの開業や、出張・訪問施術を行うことができる。
介護施設や病院などにマッサージ師として就職することも可能。

資格取得方法

  1. 厚生労働省や文部科学省認定のあん摩マッサージ指圧師の養成学校で3年以上必要な技術や知識を習得する
  2. 厚生労働省の国家試験に合格する

就業先

    治療院、マッサージ店、病院、介護施設など

鍼灸師

はり師、きゅう師は別の資格だが、あん摩マッサージ師と合わせて資格を取得する人が多い。
治療を目的とした針、きゅうの保険適用の施術を行うことが出来る資格者。
また鍼灸院などを開業することが出来る。

資格取得方法

  1. 厚生労働省や文部科学省認定の鍼灸の養成学校で3年以上必要な技術や知識を習得する
  2. 厚生労働省の国家試験に合格する

就業先

    鍼灸院、病院、美容業界など

柔道整復師

打撲・捻挫・骨折などの外傷性疾患を保険適用のもと治療することが出来る資格者。
手術は行わず、整復・固定などの施術で外傷箇所を回復させていく。

資格取得方法

  1. 柔道整復師養成課程のある大学や短大、専門学校で3年以上学び、必要な科目を修得する
  2. 厚生労働省の国家試験に合格する

就業先

    接骨院、整骨院、病院、スポーツトレーナーなど

ほぐしの森,セラピスト,マッサージ師,求人,募集

民間資格

リフレクソロジスト

19世紀にアメリカで発祥したリフレクソロジーという民間の反射療法を施す民間療法士。

民間のリフレクソロジスト資格

  • JREC-日本リフレクソロジスト認定機構による「リフレクソロジストライセンス」
  • 日本能力開発推進協会による資格「リフレクソロジスト」
  • など

就業先

    整体院、リラクゼーションサロン、エステサロンなど

リンパドレナージュセラピスト

美容用リンパドレナージュを施すセラピスト(これとは別に医療用リンパの資格もあるがここでは割愛)。

民間のリンパドレナージュ資格

  • 日本能力開発推進協会(JADP)認定「リンパケアセラピスト/リンパケアスペシャリスト」
  • 日本美容セラピスト協会(JBTA)認定「リンパドレナージュセラピスト」
  • など

就業先

    エステサロン、リラクゼーションサロン、整体サロン、スパ施設など

アロマセラピスト

天然の植物から抽出したエッセンシャルオイルを使い、アロマセラピー(アロマテラピー)を行う施術者やアドバイザー。

民間のアロマセラピー資格

  • 公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)認定「アロマセラピスト」
  • IFA国際アロマセラピスト連盟認定「IFA国際アロマセラピスト」
  • など

就業先

    リラクゼーションサロン、エステサロン、アロマグッズ販売店など